Livingstonite - リビングストン鉱

 
 

Locality
岩手県八幡平市松尾鉱山
Formula
HgSb4S6(S)2
画像幅:約4mm
リビングストン鉱は水銀(Hg)とアンチモン(Sb)の硫塩鉱物で輝蒼鉛鉱に似た外観をしています。
原産国カナダでは立派な標本が出回っていますが、日本では本産地松尾鉱山が唯一産地で、黄鉄鉱の母岩中に辰砂を伴いごく少量産しました。
輝蒼鉛鉱や輝安鉱のような形状ですが、画像の標本などは思い切り小さいです。
左画像ではかすかに赤色の辰砂が確認出来ると思います。右画像の母岩は黄鉄鉱です。
これら二つだけで少し産状を覗けるので、顕微鏡サイズながらも大切にしています。

Back           Home